1997MODEL(平成9年3月登録)

Lamborghini(ランボルギーニ) 印刷する

ディアブロ VT 社外マフラー クラッチ交換済 ディーラー車

年式(登録年月)

1997MODEL(平成9年3月登録)

ミッション

5MT

走行距離

46,000km

ハンドル

左 ハンドル

車検

車検2年付

輸入ルート

正規ディーラー車

ボディーカラー

ロッソ(ソリッド)

内装色

ロッソレザー

V12・5.7L/馬力492PS/トルク59.1Kgm全長446/全幅204/全高110センチ/車両重1,670kg

MT

禁煙車

Bluetooth 電話

Bluetooth 音楽

USB/AUX

ハイオク

修復歴なし

車両本体価格(税込)1,680万円

保証

※保証について
当車両に保証は設けておりません。現状販売となります。別途、メンテナンスは承りますのでお気軽にご相談下さい。

特徴

「カウンタック」の後継モデルとして1990年に登場し、「悪魔」の意味を持つ「ディアブロ」の入庫です!!エクステリアデザインの雰囲気や基本構成などは「カウンタック」を継承しつつ、視界や居住性が改善され、排ガスのクリーン化や安全性の向上が図られました。今回入庫した「ディアブロ」は93年に追加され、走行安定性能や操縦性も大幅に向上した4WD仕様「VT」!!初代ディアブロと比べ、電子制御式ダンパーやパワーステアリングが備わり、乗りやすくなったモデルです!!また、今では保安基準の問題でつけれない往年のリトラクタブルヘッドライトも魅力的な装備ではないでしょうか!!ロッソのボディに合わせインテリもロッソで統一!!さらに咆哮唸らす4本出しワンオフマフラー!!12気筒5.7リッターから放たれる出力は492馬力!!まさに「悪魔」の名に相応しい暴力的なパワーユニットになっております!!また、■「VT」の4WDトラブルが懸念されがちですが、こちらの車両はFR化(2WD)になっております。さらに平成29年5月にクラッチ交換もしておりますので、ご安心してお乗り頂けるのではないでしょうか!?ディアブロお探しの方、必見です!!お問い合わせお待ちしております。

ご案内の車両は、
■「VT」の4WDトラブルが懸念されがちですが、こちらの車両はFR化(2WD)になっております。
■今では保安基準の問題でつけれない往年のリトラクタブルヘッドライトも魅力的な装備ではないでしょうか!!
■12気筒5.7リッターから放たれる出力は492馬力!!「悪魔」の名に相応しいパワー!!
■ボディ/インテリアコンディションとご覧頂ければご納得して頂けるものと自信を持っております。
■弊社の在庫は、カーセンサー認定の「AIS」、GOO鑑定の「JAAA」2つの第三者査定機関による品質評価をうけており、メーター巻き戻しや事故車ではないことを確認しております。詳細は、スタッフまでお問い合わせください。

オプション

<メーカーオプション>
■フロントリフティング

<オプション>
■WORK マイスター18インチアルミホイール
■フォグLED
■4本出しワンオフマフラー
■オーディオヘッドユニット USB+Bluetooth(電話・オーディオ)
■ETCユニット
■4WDをFR化(4WD→2WD)

標準装備

<標準装備>
・マルチチューブラフレーム
・4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション
・スポーツレザーシート
・エアコン
・パワーウインド
・アルパインオーディオシステム
・フロント/リアフォグランプ
・ガルウイング
・リトラクタブルヘッドライト
・3スポークレザーステアリング
・レザーシフトノブ
・17インチアルミホイール→WORK18インチアルミホイールに変更
・ブレンボブレーキシステム

整備履歴

  • 平成29年5月(41,532km)臨時点検整備(RPM東京にて作業:旧ランボルギーニ江戸川)
    クラッチ、電動ファン、スターターモーター、アイドルプーリー、パワステポンプゴムジョイント交換
    エアコンガス 真空引きガスチャージ(R134a)

オートローンについて

■頭金0円~、残価設定プラン、可能です。
■最長120回払い、年2回のボーナス併用、お客様にあわせたお支払い方法が選択できます。
■個人のお客様だけでなく法人のお客様でもご利用が可能です。 オートローンをご利用の場合は、様々なプラン(月々の希望支払額や、頭金の設定の有無、支払回数の設定など)をご案内が可能ですのでお気軽にお申し付けください。

新車価格、オプション費用、法定費用、税金と比較してください。そして、お客様がいつの日か手放されるリセール価格、Ge3y’s(ジェミーズ)が自信を持ってお勧めさせて頂きます。

OricoCedynaALPHERAJACCS
LINE
facebook
不動産のことならEVUE
amebablog